あまり長い時間待てない時に便利なのが池袋のiPhone修理店

iPhone修理

iPhone水没からのデータ保護

iPhoneとイヤホン

iPhoneをはじめスマートフォンをトイレに落としたり、洗濯機に入れてしまったりして水没させてしまった人は意外と多いものです。もし、水没させてしまった場合には焦らずに対処すれば、最低限データを消失してしまわずに済みます。対処方法につてはいざという時のために頭の片隅に置いておくことをお勧めします。
まず、水没直後に絶対にやってはいけない事は、ドライヤーで乾かす、電子レンジに入れて乾かす、ドックコネクターに充電器やPCなど接続を絶対しないです。これらを一つでもやってしまうとデータは確実になくなると言っても過言ではありません。特に、海水や洗濯水に水没させてしまった後にドライヤーで乾燥させてしまうと粒子がiPhone内に残ってしまい、より症状を悪化させてしまいます。
そのために最もより方法は水没してしまった後に下記のものを準備します。ジップロック、乾燥剤、ティッシュです。
水没直後には付属品を全て抜きSIMも抜きます。その後、各種端子からティッシュを突っ込みできる限りの水分を拭き取ります。その後、iPhoneをティッシュで包みます。そのiPhoneをジップロックに入れて、乾燥剤2,3個を一緒に入れて密封します。そして、4,5日間そのままにして内部の水分も乾燥させてから電源を入れます。たいていの場合はこれで起動はする状態になりますので、すぐにデータをバックアップしてデータの消失を防止します。

ピックアップコンテンツ

海外でiPhoneが壊れてしまった!

海外を旅行中に、iPhoneが壊れてしまって頭を抱えている旅行者を時々見かけます。皆さん(海外でiPhoneの修理なんか出来る訳ない!)と思い込んでいるようですが、実はスマホの普及率は意外と高く…

海外でiPhone修理時の注意点

便利なアプリが充実したiPhoneは、今や生活に欠かすことができないコミュニケーションツールですから、旅行中思いがけないトラブルで壊れてしまうと絶望的な気持ちになりますね。まず頭に浮かぶのが「買…

iPhoneの修理について述べる

私はiPhoneの画面を割ってしまいました。なぜ割ってしまったかというと、車を運転中iPhoneを太ももの上に置いていたのですが目的地に着いた際、太ももの上に置いてあるiPhoneの存在を忘れ、…

TOP